FC2ブログ

Latest Entries

「現場受注法」10:なぜ住宅業界にかかわるようになったか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お金をかけずに1か月で2000人の見込み客を獲得し、

 その見込み客を1週間に10分の作業でフォローし、

 売り込まずに毎年20棟受注できる方法を提供できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もし役立っているなら、ぜひお友達にも教えてあげてください。

  ↓   ↓   ↓

http://www2.archipro.co.jp/tanpatu/antei_mailseminer.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼安定受注システム構築法

  http://www2.archipro.co.jp/stable/orders-s2017.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

こんにちは、若松です。

 

前回は、素早い対応がどれほど重要かと言う話でした。

対応とは問題を解決することではありません。

解決策を示すことです。

それだけで、施主は安心します。

対応だけなら、30分以内にできるはずです。

そして、素早い対応を売りにすることができます。

 

さて、今日は私がなぜ住宅業界にかかわるようになったか?

その話をします。

 

それは、今から38年前のことです。

この業界に関わる前、まだ素人の時ですが、家を建てました。

結婚するには、家があった方が嫁が来やすいと言う理由でした。

なぜなら、商売をしていて、長男で、しかも親と同居だったからです。

 

それで、結婚前に家を建てました。

親戚のおじさんが大工だったので、その人に頼みました。

今も、家そのものには問題ありません。

 

自然素材で土壁の家ですから、とても過ごしやすいです。

ただ、田舎の大工ですから、おしゃれな家ではありません。

オーソドックスな和風の平屋の家です。

 

しかし、それから15年ほど経った時、問題が起きました。

私は子供が3人いるんですが、大きくなって部屋数が足りなくなってきたんです。

それで、近くに土地があったので、そこに建てることに。

 

その時、私は食品会社を経営してました。

ですから、商品の仕入れなど交渉事には慣れていました。

それで、色んなメーカーと交渉しました。

 

しかし・・・

結論から言うと、いろいろ調べたにも関わらず、家づくりに失敗したんです。

 

では、何が失敗だったのか?

 

家づくりに取り組んだのが、神戸の震災の翌年でした。

どの住宅メーカーも、耐震についてだけ強調してました。

素人ですから、判断基準も選択基準もありません。

ですから、耐震性に優れているところを選ぶしかなかったんです。

 

震災後の頃ですから、シックハウスなんてだれも気にしてませんでした。

完成してキーを渡され、入った瞬間、目はちかちかするし、異様な臭いはする。

2月でしたが、窓を開けていないと部屋にいられませんでした。

そういう失敗だったわけです。

 

でも、今でこそ言えるんですが、他にも失敗原因がいろいろありました。

 

私は人口100万人の香川県に住んでいます。

その小さな香川県に、住宅を建てることができる会社が何社あると思います?

 

建設会社、不動産屋、リフォーム会社、設計事務所など約1000社あるんです。

1000社と言うことは、人口1000人に1社あるんです。

あなたの地域でも、だいたい同じ比率で業者はいるはずです。

 

私も経営者でしたから、自分なりにいろいろ調べました。

勿論今もそうでしょうが、まず総合住宅展示場へ。

そして、出店しているすべてのメーカーと交渉しました。

 

しかし、それぞれメーカーの特徴が違うので何処が良いかよくわかりませんでした。

比べるものが違うので、素人には結論が出せないんです。

ただ、値段はわかりました。

ハウスメーカーが高いと言うことは理解できました。

 

結局、交渉した業者は30社以上でした。

見学会にも行きました。

住宅本を見て、直接業者を訪ねて行きました。

数多く交渉したつもりでしたが、それでも30社でした。

 

30社ということは1000分の30。

たったの3パーセントです。

 

だから、3%の中で自分なりに賢明な決定を下したに過ぎなかったんです。

残り97パーセントについては、その存在すらわからなかったわけです。

そもそも選択肢が少ないことが問題でした。

 

そして、その調べた30社にも問題がありました。

それは、積極的に情報を発信しているところしか調べられなかったことです。

 

だから、広告宣伝していない、営業マンがいない、展示場が無いなど、

そう言う工務店を知るチャンスが無かったんです。

ようするに偏った情報だったんですね。

 

もちろん、電話帳をめくれば工務店の電話番号はわかります。

でも、そこに電話をかけることはできませんでした。

なぜなら、聞いたことも無い田舎の工務店ですからね。

私には、それが出来なかったんです。

 

次回は、施主の視点で物事を考えると言う話です。




では、また。

 

 

 

 

 

 

追伸 「世界で一番豊かな人」

自分の快楽が最も安っぽい人は、最も豊かな人です。

自分の快楽というのは、利己的な欲求を満たすだけの行為です。

 

それが安っぽい・・・

つまり少ない人は逆に、利他的な行為に満たされている。

 

あなたもそう思いませんか?

 

案外素直に自分を見つめると、自分が快楽を覚えている行為でも、

利己的なものが結構あるのではありませんか?

 

少しずつでも、利己的な快楽から利他的な快楽

 「自分が喜ぶ→他人に喜んでもらう」

に転換できれば、何か結果が変わると私は信じています。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼無料で私のコンサルティングを試すことができます。

 http://www2.archipro.co.jp/konsaru/ota-kon.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼上海建材視察プライベートツアー

 http://www2.archipro.co.jp/china/inspection2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーサイト

「現場受注法」9:素早い対応が重要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お金をかけずに1か月で2000人の見込み客を獲得し、

 その見込み客を1週間に10分の作業でフォローし、

 売り込まずに毎年20棟受注できる方法を提供できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もし役立っているなら、ぜひお友達にも教えてあげてください。

  ↓   ↓   ↓

http://www2.archipro.co.jp/tanpatu/antei_mailseminer.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼安定受注システム構築法

  http://www2.archipro.co.jp/stable/orders-s2017.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

こんにちは、若松です。

 

前回は、服装と身だしなみに気をつけましょう。

そして、迷惑駐車をしないようにと言う話でした。

ご近所の怒りを買わないようにしてくださいね。

それは、施主に迷惑をかけることになります。

そして、受注のチャンスを逃すことに…。

 

それだけでなく、さらに気をつけてほしいことがあります。

それは、対応をできるだけ早くすることです。

 

電話をしたのに1日経っても2日経っても何の連絡もない。

施主は、わからないから、不安だから電話してるわけです。

だから、単に解決策がわかればいいんです。

 

でも、業者は段取りを先に考えます。

そうしているうちに時間が過ぎていき、そして、対応が遅くなる。

施主は素人なので、そんな段取りなんか知らないんです。

 

施主が望んでいることは、解決ではありません。

解決策を知ることです。

解決策を示すだけで、施主はひとまず安心します。

 

だから、電話がかかってきたら、すぐに担当の専門業者に電話を入れます。

そして、施主に電話を入れさせるよう指示します。

 

業者には、どのように解決するかを説明させ、

「いついつまでにお伺いします」

これだけを伝えたらいいんです。

これが、対応です。

問題を解決することが対応ではありません。

 

でも、問題解決を考えるから、先延ばしになってしまうんです。

ですから、素早い対応と言うのは、

「○○します」

と言うことなんです。

 

電話をするだけなら、30分以内にできませんか?

携帯電話だってあるんですからね。

 

この対応なら、

「当社は30分以内に対応します」

とPRできるのでは。

もちろん、対応ですから解決する事ではありません。

問い合わせに対して、解決策を示して安心させることです。

 

でも、もし解決を考えていて、2回目の催促の電話がかかってきたとしたら・・・

それは、不安がクレームに変化しています。

 

さらに3回目だとしたら、クレームが怒りに・・・。

実際、そういう経験はありませんか?

 

悪気があるわけじゃない。

でも、施主さんはそう思っています。

だから、対応はできるだけ早くしなければいけないんです。

 

これまでの話は下請けさんですからまだいいです。

しかし、現場に建材を運んでくるスタッフは教育できているでしょうか?

 

ご近所の人には区別がつきません。

全て、○○工務店の人と思っています。

ですから、他の人達がきちんとしていても、建材屋の配達員がそうでないとしたら・・・

そのたった1人のせいで全てがパーになります。

 

では、現場に出入りするすべての人が、自発的にマナーを守るようにするにはどうしたらいいでしょう?

 

 

それは次回話します。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

追伸 「感謝」

ありがたい気持ちは、平凡な日々を感謝の日々に変えることができます。

そして、ありふれた仕事を喜びに、

平凡な出来事を恵みに変えることができるのです。

 

すべてに感謝する・・・

というのは言うのは簡単でも実践は案外難しいものです。

 

でも、すべてを感謝で受け入れることができれば、それだけで行う仕事、

付き合う人との人間関係の中身が変わりませんか?

 

少し考えただけでも、自分がどれだけラッキーかがわかりますよね。

 

感謝報恩の気持ちで満たされている人に、良いことが起こらないはずはない。

私はそう信じたいです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼無料で私のコンサルティングを試すことができます。

 http://www2.archipro.co.jp/konsaru/ota-kon.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼上海建材視察プライベートツアー

 http://www2.archipro.co.jp/china/inspection2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   アーキプロジェクト株式会社 代表取締役 若松敏弘

   あなたの受注に対する悩みを“金輪際”消し去ります!

 

  香川県高松市太田上町1182

  TEL 087-869-7115 FAX 087-869-7116

  【WEB】  <http://www.archipro.co.jp/>

  【MAIL】 <archi@archipro.co.jp>

   個人情報に対する考え方については下記をご覧下さい。

  → http://www.archipro.co.jp/a1093.html

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

問い合わせ・苦情があれば、以下のメールアドレスまでお願いします。

 

発行責任者:若松敏弘

archi@archipro.co.jp

「現場受注法」8:服装と身だしなみ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お金をかけずに1か月で2000人の見込み客を獲得し、

 その見込み客を1週間に10分の作業でフォローし、

 売り込まずに毎年20棟受注できる方法を提供できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もし役立っているなら、ぜひお友達にも教えてあげてください。

  ↓   ↓   ↓

http://www2.archipro.co.jp/tanpatu/antei_mailseminer.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼安定受注システム構築法

  http://www2.archipro.co.jp/stable/orders-s2017.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

こんにちは、若松です。

 

前回は、タバコについて話しました。

タバコを吸う人にとっては、耳の痛い話だったと思います。

でも、施主は、タバコを吸われることをとても嫌がります。

なぜなら、命がけで家を建ててるからです。

そして、言葉遣いも気をつけてくださいね。

また、さわやかな挨拶をするなら、ご近所の印象はぐっと良くなりますよ。

 

 

さて、現場で気をつけるべきことは、まだあります。

 

それは、服装です。

職人たちには、洗濯された作業着を身につけさせてください。

現場に出入りする人が、全てお揃いのユニフォームなら、さらに印象が良いですね。

それだけで信頼できそうに感じてもらえます。

 

例えば、草野球のユニフォーム。

もし、皆がバラバラのジャージだったら、それだけで弱そうに見えませんか?

ユニフォームには、そういう力があるんです。

 

では、会社ではどうでしょう?


スタッフが好き勝手な服装をしている企業と、そろいのユニフォームを着ている企業。

どちらが信頼できそうですか?

もちろん、揃いのユニフォームの会社ですよね。


人は外見で判断します。

現場では、ご近所の人はそういう判断をしています。

それは仕事内容とは関係がありません。

 

また、身だしなみにも気をつけてください。

髪はぼさぼさで無精ひげを生やしていたら、それだけでアウトです。

 

そして、迷惑駐車

これは致命傷になります。

 

市街地だと、駐車スペースを確保するのが大変です。

また、駐車場を借りれば費用がかかります。

かと言って、路上駐車はご近所の迷惑になります。

駐車違反でなくても目ざわりです。

現場に出入りする車は1日何台にもなります。

ちょっとのつもりでも、それが度重なれば非常に迷惑です。

 

今日は、服装と身だしなみに気を付ける話でした。

また、迷惑駐車は絶対しないでくださいね。

それだけで受注のチャンスを無くしますから。

 

次回は、素早い対応についてお送りします。




では、また。

 

 

 

 

 

 

追伸 「人格」

 

私たちの人格は、基本的には日々の習慣によって構成されています。

なぜなら、習慣は、無意識のうちに、一定のパターンで日々、

継続的に人格を表現しているからです。

 

人格、というと何か大がかりで大げさな気がしますが

確かに、人格は、私たちの日々の習慣・・・

もっと言えば

日々何気なく考え、行動している「かたまり」

なんですよね。

 

本当に「何気なく」という言葉が当てはまる気がしますが、

実はこの「何気なさ」が良くも悪くも怖いと私は思います。

 

なぜなら、私たちが何気なく考え、行動している、その中にこそ自分が停滞している、

ものごとがうまくいかない原因があるものだからです。

 

「何でうまくいかないんだ・・・

 こんだけがんばっているのについてないな・・・

 ○○さえあれば・・・うまくいったのに」

 

すべてが、やってもないことを、できない!と断言したり

起こってもいない出来事を、心配したりすべてが後ろ向き。

 

以前の私がそうでした。

あなたはどうですか?

 

何気ない日々の発言、思考、行動の中にこそ、自分の抱えてる大きな障害の原因・・・

そして解決策があると思います。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼無料で私のコンサルティングを試すことができます。

 http://www2.archipro.co.jp/konsaru/ota-kon.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼上海建材視察プライベートツアー

 http://www2.archipro.co.jp/china/inspection2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「現場受注法」7:タバコは厳禁

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お金をかけずに1か月で2000人の見込み客を獲得し、

 その見込み客を1週間に10分の作業でフォローし、

 売り込まずに毎年20棟受注できる方法を提供できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もし役立っているなら、ぜひお友達にも教えてあげてください。

  ↓   ↓   ↓

http://www2.archipro.co.jp/tanpatu/antei_mailseminer.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼安定受注システム構築法

  http://www2.archipro.co.jp/stable/orders-s2017.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


こんにちは、若松です。

 

前回は、きれいかどうかを判断するのはご近所の人、と言う話でした。

決して、あなたの価値観で判断してはいけません。


そして、タバコの問題。

現場でタバコを吸われて喜ぶ人はいません。

 

今日の話は喫煙者にとっては耳の痛い話です。

 

ちなみに、あなたの現場に出入りする人で、喫煙者って何割ぐらいいます?

施主さんや見込み客に、

「当社にはタバコ吸う人は1人もいません」

と言えればいいですね。

 

 

ちなみに、ある工務店さんの合宿セミナーでのことです。

大工さんは7人いましたが、タバコを吸う人は1人だけでした。

では、もし、タバコを吸う大工に仕事をさせないとなったら、吸ってる人はどうするでしょう?

そのくらい本気で取り組むなら、下請けさんたち、そして施主に伝わります。

 

極端な話をしましたが、施主の立場で考えてください。

「タバコは車の中で吸うように指導しています」

「うちにはタバコを吸う人は居ません」

施主はどちらの業者を選ぶでしょう?

 

そうなると、社長も吸えなくなりますね。

現在、公共の建物、飛行機の中では、タバコは吸えません。

そして、年々、禁煙ムードが高まっています。

それだけ、世の中の人たちが喫煙に対して非常に敏感になってきているんです。

 

何千万円ものお金を、しかも自分の命を担保にローン組んでいるわけですから。

そんな施主の気持ちを理解し、嫌がることはしないほうがいいと思うんですけどね。

 

そして、タバコの吸い殻が落ちていれば、それはすぐわかります。

また、ゴミや空き缶もです。

 

いくら職人の腕がいいと言っても、空き缶1個落ちていたらアウトです。

ですから、施主や近所の人の立場で真剣に考えてくださいね。

 

現場が展示場のようであるなら、案内がありがたいお知らせになるわけです。

でも、現場がきちっとしてないと、案内が逆効果になります。

同じことをしても、迷惑な話になってしまうんです。

 

それは非常に残念ですよね。

では、タバコの問題以外で、下請け業者さんはどうでしょう?

言葉遣いは?

そして、挨拶は?

 

スーパーでは、朝、笑顔で挨拶の練習しますよね。

「いらっしゃいませ」

「ありがとうございました」

「お待たせいたしました」

など、毎日、繰り返してやってますよね。

 

もし、ご近所の人が大切な見込み客だとしたら・・・

笑顔で挨拶しても良いんじゃないですか?

 

現場にいる人が皆、ご近所の人に笑顔で挨拶をするとしたら・・・

あなたの会社の評判は、きっと今より良くなるのではありませんか。

「こんにちは」

「おはようございます」

最初は、これだけでも良いです。

ただし、笑顔でね(笑)。

 

現場周辺にはお宝が眠っています。

それを手に入れるために、最低限のマナーは守ってくださいね。

 

タバコの吸い殻や空き缶が落ちているだけで受注のチャンスを逃します。

また、言葉遣いも気をつけなければいけませんね。

さわやかな挨拶をするだけで印象が良くなります。

 

次回は、服装と駐車についてお送りします。




では、また。

 

 

 

 

 

 

追伸 毎回冒頭でご案内している「安定受注システム構築法」

 

メールを配信するだけで受注できているところをイメージしてください。

もし、メール配信だけで医者と患者の関係が築けるとしたら・・・

嘘だと思うかもしれませんが、本当にそれができるんです。

 

ただ、どうやってアドレスを集めるか?

それが最大の問題です。

 

実は無料セミナー参加者限定で、特別なアドレス収集法をお話しします。

これまでメルマガではお話しできなかった方法です。

しかも3000以上のアドレスを集めることができるんです。

とても秘匿性の高い、アドレス収集の最終兵器です。

 

そして、お金のかからないイベントの開催法もお話しします。

読者100人に対して年間5人に会える方法です。

ですから3000人の読者がいれば150人に会えますね。

お金がかからないだけでなく手間もかかりません。

ちなみに、5人に会えれば1人契約できます。

 

ですから、無料セミナーをぜひ活用してください。

自分で言うのもなんですが、絶対お勧めのセミナーです。

あなたが思っているより、メールは簡単です。
最新の日程は、archi@archipro.co.jpまでお問い合わせください。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼無料で私のコンサルティングを試すことができます。

 http://www2.archipro.co.jp/konsaru/ota-kon.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼上海建材視察プライベートツアー

 http://www2.archipro.co.jp/china/inspection2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「現場受注法」6:受注できる現場の基準とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お金をかけずに1か月で2000人の見込み客を獲得し、

 その見込み客を1週間に10分の作業でフォローし、

 売り込まずに毎年20棟受注できる方法を提供できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もし役立っているなら、ぜひお友達にも教えてあげてください。

  ↓   ↓   ↓

http://www2.archipro.co.jp/tanpatu/antei_mailseminer.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼安定受注システム構築法

  http://www2.archipro.co.jp/stable/orders-s2017.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

こんにちは、若松です。

 

前回は、日本にも受注活動をする必要がない良き時代があったと言う話でした。

地域社会のつながりが強かった時は、その地域以外の工務店では家を建てなかったんです。

だから、黙っていても仕事の依頼があったわけです。

しかし、ハウスメーカーが登場し、安定市場が混乱市場になってしまいました。

 

ところで、整理整頓できている現場の基準とは何でしょう?

それは見る人によって違います。

また、他社と比べてどうか。

 

ただ、ご近所の人が、

「ここは整理整頓ができていて、きれい」

と判断してくれればいいわけです。

自分ではなく、ご近所の人の判断なんです。

 

では、整理整頓するためには何に気をつけたらいいんでしょう?

ご近所の人に、「あの現場はきれいだ」と思わせるには?

 

納入業者が建築資材をきちんと置く。

でも、それだけで良いのでしょうか?

資材が雨ざらし、カバーしているが乱雑であれば、それはすぐわかります。

そんな工務店に、家を建ててもらおうと思いますか?

 

ゴミを出さない。

もちろん、大事ですよね。

ただ、全部自分で処理する必要はありません。

協力業者が出したゴミは、その業者が持って帰る。

それが徹底されるだけで、ゴミも少なくなりますよね。

「ゴミは毎日持って帰ってね」

と一言。

それだけで、現場の見た目は綺麗になります。

 

 

そして、タバコ。

 

タバコを吸う施主でも、タバコを吸われると嫌なんです。

これは、仕事の良し悪し以前の話です。

現場でタバコを吸ってるというだけで、もう嫌なんです。

 

では、そう思ってる施主から紹介をいただけるでしょうか?

 

多くの施主は、多額のローンを組んで家を建てています。

命を担保に30年以上払い続けなければいけません。

命がけで家を建てているのに、

「タバコを吸うとは何事だ」

と、口に出さなくても、心の中では思っています。

 

では、タバコの問題、どうすればいいでしょう?

それは、次回詳しく話しますね。

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼無料で私のコンサルティングを試すことができます。

 http://www2.archipro.co.jp/konsaru/ota-kon.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼上海建材視察プライベートツアー

 http://www2.archipro.co.jp/china/inspection2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Appendix

プロフィール

若松 敏弘

Author:若松 敏弘
アーキ・プロジェクト(株)
   住まいの結婚相談所
HPはこちらから→http://www.archipro.co.jp/
性  別  : 男
年  齢  : 56歳
出 身 地  : 香川県

お知らせ


【無料セミナーご案内】
~集客・受注に
限界を感じている
工務店経営者様~


あなたの
将来の受注に
対する悩みを
“金輪際”
消し去ります!


あなたは、
安定して・定期的に
受注をしたいと
思いませんか?

今なら無料
その方法を
手に入れられます。

全39回
「安定受注システム
構築法」
無料メールセミナー

↑↑↑ぜひ
お申し込みください。



【フォローしてください】

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード